株式会社リノベーションLABO

News

8/23(金)発見!タカトシランドの取材!

2019.08.17

 

8月23日(金)【屯田エリア】

ゲスト #松崎しげる #坂下千里子

屯田兵ゆかりのマチで大騒ぎ!▽地元に愛され続けてきたソフトクリーム店の最後の日ドキュメント▽知る人ぞ知る名店!絶品ドーナツの味はどうなつてんの?▽地域の謎!自作キャンピングカーのあるお宅に突撃ピンポン▽夫婦愛薫るご自宅コーヒー豆屋さん▽ママ絶賛!アパート1棟ぶちぬきカフェ▽トシ完食の絶品ルーカレーのかくし味とは?▽欧風カフェで松崎しげる即興で愛のハーモニー!▽衝撃のエンディングとは?

 

 

本来であれば、起業独立前のプランニング・施工なんで、公式HPに挙げるのはどうかなと躊躇しましたが、紹介させてください。

 


&nbs

りのらぼ公式HP 新アイテム・BLOGを追加しました。

2019.08.02

 

『IKEA STYLE RENOVATION』・フランス漆喰、イタリア漆喰等建材・家具・カーテンのページ

暮らしリノベーションセミナー 第3回目テーマ「自然や記憶と向き合う」

2019.08.01

つかっていない建物を有効活用したい、
素敵な暮らし方を体験したい、空き家問題を共有したい!
体にいいおいしい野菜を食べたい、
とお思いの方向けのセミナーです。

セミナー会場は、無肥料・無農薬で畑つくりから取り組む、
ファーム伊達家です。
日曜日にドライブ気分でお気軽にお越しください。

イベント詳細・お申込みフォーム
https://peraichi.com/landing_pages/edit/416141

ファーム伊達家の無肥料の無農薬の野菜でつくったランチの野菜も準備中です。

11:00〜11:45
無肥料・無農薬で作る畑づくりから始めた野菜の魅力

キーワードは、「自然栽培」×「都市農業」

札幌中心部に近いところで、自然栽培、自家採種、CSA(地元限定の会員制宅配)に取り組みながら、畑に来ていただく機会をたくさん作って、農業を、自然栽培を身近に感じてもらえる農場にしていきたいと考えています。子供ころ家族でつくって食べた野菜の味や香りをおぼえていますか?
種を採ることがら始まる在来品種の野菜の魅力をお伝えします。

講師:ファーム伊達家オーナー
伊達 寛記

ファーム伊達家は、2005年、札幌市南区豊滝で新規就農し、以来2017年までの13年間、「自然栽培」「自家採種」「CSA」に取り組んでいます。国家公務員から転身、札幌市南区豊滝で新規就農して13年。たくさんの方々の応援をいただき、2018年春、札幌市南区藤野に農地を取得し、移転しました。自然栽培を体感できる農場を作っています。自然栽培とは、過去に投入された余剰肥料を減らし、新たな肥料を投入せずに土を清浄に保った農地で、太陽・月・土の力をいただき、作物が本来もっている力を最大限発揮できるようにしていく農業です。肥料を投入しない畑で作物を作って行くには、その環境で力を発揮する種が必要です。
そのためには、自分の畑で、肥料を投入せずに作物を作り、その作物から種を採ります。毎年「自家採種」を繰り返していくことで、肥料がない畑でこそ力強く育つ種になっていくとの考えに基づき、自家採種に取り組んでいます。

13:00〜13:45
民泊視点から地方都市空き家問題の可能性を探る

北海道内の民泊事業(コミュニティビジネス)が地域づくりへ貢献する方法の模索、また地域住民自らが主体となり、 役割分担を行いながら道内の問題・課題の解決、そして民泊事業の持続可能な取組を進める体制づくり支援し、自らも実践中です。
民泊といえば、マンション等の空き家をリノベーションして宿泊施設に変えていくのが主流ですが、そこに宿泊する動機を持ち合わせている民泊であれば、魅力的なものとなるでしょう。
今回は、農業体験と民泊の可能性を探ります。

講師:株式会社北海道住宅宿泊観光開発 代表取締役
全国民泊事業組合連合会 理事
一般社団法人 北海道民泊観光協会 代表理事
南 邦彦

一般社団法人北海道民泊観光協会 代表理事
元保育士養成施設教科専任教員。2014年より障がい者雇用で民泊管理・民泊清掃事業をスタート。北大公共政策大学院卒。公共政策学士。
地域住民自らが主体となり、民泊事業の持続可能な取組を進める体制づくりを支援・実践。

14:00〜14:45
トークセッション:農業・民泊・建築・不動産のコラボが示す北海道

農家にある使わなくなった納屋などの建物、地方都市の空き家問題、土に触れたことのない子供の増加、農薬たっぷりの野菜問題・・・私たちの周りには、様々な問題が存在します。
立場の違う方と同じテーブルを囲むことができたら、少しづつワクワクする解決策がみつかるかもしれません。北海道の土や建物の記憶を軸に私たちができることを見つけるきっかけをつくりましょう。

モデレーター
株式会社リノベーションLABO 代表取締役
前 リノベーション協議会 北海道部会長
大高 満

札幌で、インテリアコーディネートとリフォーム、リノベーションを生業としてしています。
30年以上前から、イタリアやフランスの西洋漆喰や輸入タイルに魅せられ、ときたま自分自身で施工もいたします。

・マンションリノベーション・一般リフォーム・店舗デザイン・施工・コンバージョンの提案・プランニング・施工・インテリアデザイン・コーディネート・カーテン・家具・照明等販売・西洋漆喰の提案・施工・指導・イベント・セミナーの企画・運営及びセミナー講師・中古マンション購入に伴うコンサルティング及びインスペクション

トークセッション特別ゲスト
株式会社スロウル 取締役代表
平賀 丈士

”安いから中古物件がいい”のではなく、中古物件のリノベーションには、新築には出せないヴィンテージの良さがある。どちらがいいというわけではなく、お客様が好きなほうを選択できるほうが、多様性があっていいですよね。自然と共に生活できる北海道ならではのライフスタイル提案が、自分のできること「強み」ではないかと思い、2010年にスロウルを創業しました。建築ではなく、”ライフスタイルの提案”として家づくりを続けていけたらと思っています。

 

暮らしリノベーションセミナー
第3回「自然や記憶と向き合う」セミナー詳細

日時 8月25日(日)11:00〜15:00(受付10:45より)
会場 ファーム伊達家 別棟
参加費 無料(ランチ付き)
定員 8名(要予約)
主催 株式会社リノベーションLABO
駐車場 あり(無料)6台程度
参加費 無料(ランチ付き)
特典 プチオリジナルノベルティ・西洋漆喰とリノベーションの画像集CD プレゼント